こーひーのぶろぐ。

パソコンとかiPhoneとかAndroidとか

脆弱性対策関連

Javaアップデート公開

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20110608_451512.html


と、いうわけでインストールしている方はすぐにアップデートして下さい。

Opera 脆弱性修正 v11.11

http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110518_446621.html

Webブラウザの「Opera」が深刻度「Critical」の脆弱性を修正したようです。

利用者は直ちにアップデートして下さい!!



以下はどうでもいいですが、一応手首の方は骨には異常は無いらしいです。

ま、痛いので今週一杯は包帯でグルグル巻きですが。




Secunia PSIの使い方2~脆弱性があった場合は(サードパーティアプリケーション編)~

前回の続きになりますね。
Secunia PSIの使い方、問題があったとき編です。

今回はAdobe Flash Playerのようなサードパーティアプリケーションの脆弱性対策編です。

まずは「Scan Results」画面で脆弱性対策がなされていないアプリケーションを確認します。
psi2
 


今回は「Adobe Flash Player 10.x(ActiveX)」を例にしていきます。
他のアプリケーションでも大体は同じです。(Adobe Reader Xなど)

まずは「Install Solution」を選択。

自動的にブラウザが起動し、ファイルがダウンロードされます。
psi download

それをダブルクリックで実行します。(以降はアップデートするアプリケーションにより多少異なります)

psi adobe update run
 
利用規約を読んで同意する場合は「Flash Player 使用許諾契約の条件を読み、同意しました。」に☑を入れて「インストール」をクリック。

以下の画像のような画面になればOKです。
 psi adobe update end

コレで今回のAdobe Flash Playerの脆弱性対策は完了となります。(但し、NPAPIもインストールしてある場合はそちらも別々にアップデートしてください)

次回は「Install  Solution」ではなく「Microsoft Update」になっている場合の脆弱性対策の方法を書きたいと思います。

Secunia PSIの使い方1

Secunia-Personal-Software-Inspector

脆弱性対策は重要です。

しないと、すぐに各種偽セキュリティソフトに感染できます。

今回はその脆弱性対策の便利なツール、「Secunia Personal Software Inspector」(Secunia PSI)の使い方を紹介します。

バージョン1の時は日本語版もあり分かりやすかったのですが、バージョン2は基本的には日本語版がないので英語での操作となります。

ダウンロードはこちらより。

インストールが終了したら、起動してスキャンします。

メイン画面はこちら。(注:今回はこの記事のために敢えて脆弱性を作っている状態なので基本的には100%にしてください。)
psi1














左のタブの中から「Scan your PC」を選択。

そして「Start Scan」を選択。
psi scan














スキャンが始まるのでしばらく待機。時間がかかるのでひたすら待ちます。

スキャンが完了したら「View Scan Results」を選択。

ココで問題がなければOKです。

問題があったときの対処法は次回・・・
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

    ↑訪問者数です(アクセス有難うございます)

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ