前回の続きになりますね。
Secunia PSIの使い方、問題があったとき編です。

今回はAdobe Flash Playerのようなサードパーティアプリケーションの脆弱性対策編です。

まずは「Scan Results」画面で脆弱性対策がなされていないアプリケーションを確認します。
psi2
 


今回は「Adobe Flash Player 10.x(ActiveX)」を例にしていきます。
他のアプリケーションでも大体は同じです。(Adobe Reader Xなど)

まずは「Install Solution」を選択。

自動的にブラウザが起動し、ファイルがダウンロードされます。
psi download

それをダブルクリックで実行します。(以降はアップデートするアプリケーションにより多少異なります)

psi adobe update run
 
利用規約を読んで同意する場合は「Flash Player 使用許諾契約の条件を読み、同意しました。」に☑を入れて「インストール」をクリック。

以下の画像のような画面になればOKです。
 psi adobe update end

コレで今回のAdobe Flash Playerの脆弱性対策は完了となります。(但し、NPAPIもインストールしてある場合はそちらも別々にアップデートしてください)

次回は「Install  Solution」ではなく「Microsoft Update」になっている場合の脆弱性対策の方法を書きたいと思います。